2017年04月03日

キングコング: 髑髏島の巨神

キングコング: 髑髏島の巨神は、2017年の映画。ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督作品

第2次大戦末期、不時着したアメリカと日本の戦闘機。二人のパイロットは、戦いの最中、巨大な猿に遭遇する。それから30年弱。髑髏島と呼ばれるその島に、調査隊が入る。地殻調査のための爆薬に反応して、かの巨大類人猿=コングが登場し、上陸部隊のヘリコプターをすべて撃墜する。生き残ったメンバーは軍の一軍と傭兵にリードされる2グループとなり、共に島の北部のピックアップ地点に向かうが・・・

全編、これでもかって言うくらいの怪獣オンパレード。巨大生物がいろりろ登場するのはぞくぞくする。グロテスクなトカゲ風の適役キャラもいるし、バッファロー的なキャラは意外と凄烈で良い感じだった。
そして、お約束のラストの次作のお知らせが良かった。ゴジラ、モスラ、キングギドラ・・・
夢の四大怪獣大決戦か?

次回作が待ち遠しい。
posted by 灯台守 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年03月25日

月刊キャッツ 3月 3/24 2F I25

月刊キャッツも、9回め。今回は、ニ階B席。グリザベラの江畑さんは、なんか迫力抜群。濃いグリザベラ。しかも足が上がる。踊れるグリザベラらしい・・・。

キャッツ 大阪
2017年3月24日(昼)公演  大阪四季劇場
グリザベラ 江畑 晶慧
ジェリーロラム=グリドルボーン 奥平光紀
ジェニエニドッツ 花田 菜美子
ランペルティーザ 加島 茜
ディミータ 松山 育恵
ボンバルリーナ 渡辺 智佳
シラバブ 黒柳安奈
タントミール 間辺 朋美
ジェミマ 朴 悠那
ヴィクトリア 馬場 美根子
カッサンドラ 山田 祐里子
オールドデュトロノミー 飯田 洋輔
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 正木 練馬
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 大嶺 巧
ミストフェリーズ 永野 亮比己
マンゴジェリー 新庄 真一
スキンブルシャンクス カイサー・テック
コリコパット 押田 柊
ランパスキャット 荒木 啓佑
カーバケッティ 河津 修一
ギルバート 肥田晃哉
マキャヴィティ 文永 傑
タンブルブルータス 吉岡 慈夢
posted by 灯台守 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2017年03月15日

モアナと伝説の海

モアナと伝説の海はロン・クレメンツとジョン・マスカー監督作品。
生命の源である全能の女神テフィティのハートは半神マウイによって奪われ、世界に死の闇が広がってゆく。マウイは逃走の途中、マグマの悪魔であるテ・カァの襲撃に逢い、テフィティのハートを海の底に失ってしまった。その女神テフィティの心を返しに行くモアナの物語。

「アーロと少年」には草や自然の描写の素晴らしさがあったが、今作は「海」と「肌」だろう。特に海の擬人化は特筆するべき。見事としか言い得ない。それにイレズミの描写。素晴らしい。

話は王道。善と悪の結論の付け方としては、まずまず。モアナが何故、海に選ばれたか等の謎は残るが、話としては王道でしょう。
posted by 灯台守 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年03月12日

蜜蜂と遠雷 恩田陸 

蜜蜂と遠雷 恩田陸 幻冬舎
本屋大賞候補作、9作目。架空のピアノコンサートを追いながら、音楽とはなにか、天才とはなにか、そして人生の深遠に迫る作品。全編、文章のみでピアノやオーケストラの再現に挑む作品。

芳ヶ江国際ピアノコンクールは100人の一次予選で24人に絞られ、二次予選で12人、三次予選で6人に絞られ本選に進むというものである。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。この4人を中心にコンクールの模様を描く。

かつての名作、「光の帝国」にもチェロとフルートの話があって、チェロによる音楽を描写したシーンが印象的だった。その描写シーンが全巻で表現される。ハマルか違和感で拒絶するか、その人次第だけど私はハマッた。

「チョコレートコスモス」は舞台の描写、本作は音楽の描写と、他の芸術の文字化に挑むのは素晴らしいと感じた。大風呂敷の恩田さんとリスペクトを含めて呼んでいたが、この作品で見事直木賞作家になった。呪縛から解き放たれるかな。
posted by 灯台守 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年03月02日

ラ・ラ・ランド

ラ・ラ・ランドは、デミアン・チャゼル監督作品。ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン主演。アカデミーシーを席巻したのは記憶に新しい。

ジャズピアニストのセバスチャンと女優志願のミアが巡り合う。お互いの夢を追って、挫折と夢をつかむ話。

わかる人にはわかるミュージカル映画へのリスペクトが満載。冒頭部分の夜景を望む公園でのダンスシーンが良いです。F・アステアとG・ロジャースを彷彿とするやりとりが懐かしい。

冒頭部分から畳み掛けるように映画の世界へ連れて行ってくれ、最後まで楽しませてくれる。決してハッピーエンドではないけど、心震えるのはなぜだろう。本当にミュージカル映画の楽しさを改めて見せてくれる。

次作が待ち遠しい若き監督です。
posted by 灯台守 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年03月01日

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーは、ギャレス・エドワーズ監督作品。ご存知、スターウォーズシリーズのスピンオフ。かのエピーソードWの直前10分前まで描かれる。

もう、説明するまでもないSW。かのデススターの設計図が、如何にして反乱軍にもたらされたか、なぜデススターはあれほど脆かったかの謎が明かされる。

久方ぶりのダースベータ卿の登場に、心躍ります。そして最後に今はなきキャリー・フィッシャーの若き日、レイア姫が登場。そして・・・

もうたまりません。泣きました。
posted by 灯台守 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

マグニフィセント・セブン

マグニフィセント・セブンはアントワーン・フークア監督作品。デンゼル・ワシントン主演。

ご存知、黒澤明の「七人の侍」のリメイクである、「荒野の七人」の再リメイク。ならず者から街を守るために、依頼を受けた男が仲間を集め、決戦に挑む話。

いろいろ差分はあるが、基本路線は変わらない。ただ時代と共に人種問題やジェンダーの話がさり気なく描かれている。リーダーが黒人であり、アジア人もいる。夫を失った妻の奮闘ぶりも、アメリカならでは。

配役もなかなか。デンゼル・ワシントン、イ・ビョンフォンのかっこよさは此処では書ききれない。そしてトドメのエンディング。あのテーマを流すのは反則でしょう〜。でも良かった・・・
posted by 灯台守 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画