2017年01月25日

ツバキ文具店 小川糸

ツバキ文具店 小川糸 幻冬舎
恒例、本屋大賞候補作10作の連続読書の季節です。最初の一冊は、発表前に読んでいたこの本。

雨宮鳩子は、海外放浪生活を経て鎌倉に帰ってきた。先代=祖母の営んでいた代筆屋を継ぐために。文具屋を表の仕事として営みつつ、代筆屋として様々な依頼を受ける。絶縁状、借金のお断り、亡くなった父親に変わっての恋文等々・・・ 鎌倉の街並みに過ぎゆく季節とともに鳩子=ポッポちゃんは代筆屋として歩み始める。

大きな事件は起こらない。淡々と代筆仕事を受けて仕上げるポッポちゃん。少しづつ広がっていく周辺の人達との交流が、暖かで優しい。厳しかった先代の思い出を思い出しつつ、間に合わなかった自分を少しだけ攻めるポッポちゃん。そんな想いは自分の中だけにとどめ、受けた仕事に戸惑いながら進めていく。

事件も大きな転換も無いが、不思議に心あらわれていく。そして不思議な読後感を与えてくれる。裏のバーバラ婦人、昭和な男爵、あわてものみたいなパンティー先生。そして終りごろに登場するQPちゃんが可愛い。

周辺の人々が織りなすなかで、彼女が素直に立っているのが見えるような気がする。素敵な街、鎌倉を舞台に心がすっと落ち着く優しい物語だった。
posted by 灯台守 at 20:29| Comment(1) | TrackBack(0) |

2017年01月15日

笑福亭たまABC独演会 2017年1月15日(日) ABCホール

たまさんの独演会。いやぁ、壮絶(^^;

演目は下記。

桂 二葉  三年二組の高田くん
桂 ひろば 狸の化寺
笑福亭たま 胎児
笑福亭たま 饅頭こわい
仲入り
柳家小ゑん 長い夜・改U
笑福亭たま ショートショート落語 からの
      鼓ヶ滝

たまさんの鼓ヶ滝、西行の描写が秀逸!!。もう、イメージが完全に別物として現れるところがスゴイ。配布された資料も抱腹絶倒かも。
posted by 灯台守 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年01月12日

年頭緊急落語会 in 繁昌亭 2017年1月11日

繁昌亭の福笑さん、松枝さんの落語会。なんか、1/7の福笑さん/たまさんの会の復習しているようだった。まあ、爆笑していたけど。

笑福亭飛梅 延陽泊
笑福亭福笑 去年もいろいろ
笑福亭松枝 莨の火
仲入り
笑福亭たま 夢八
笑福亭福笑 宿屋ばばあ

何と言っても、トリの「宿屋ばばあ」を聞きに行ったようなもの。やっぱり傑作。福笑さんの想定百歳のばあさんの表現が凄まじい!! 何度見ても良いです!!
posted by 灯台守 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

2017年01月10日

笑福亭福笑、たま 一期一会新春寄席 IN 兵庫県立芸術文化センター 中ホール 2017年1月7日 14:00〜

新春の福笑さん、たまさんの師弟二人会。いや、初笑いにふさわしい寄席でした。
2017年1月7日土曜日の記録です。

笑福亭 生寿 延陽伯
笑福亭 たま バーテンダー
笑福亭 福笑 二人ぐせ
仲入り
笑福亭 たま あくびの稽古
笑福亭 福笑 葬儀屋さん

葬儀屋さんは初。たまさんのバーテンダーは何度聴いても傑作。福笑さんのまくらは放送禁止レベルで、TVでは放送できんなぁ。でも抱腹絶倒!!
posted by 灯台守 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

2017年01月08日

月刊キャッツ 1月 1/7(土) N36

月刊キャッツも、年を超えて7回め。今回は、一階右サイド。
左サイドと違うのは、訪問猫の差。猫の名前はシラバブで、カーテンコールはヴィクトリア。ヴィクトリアの杉野早季さん、顔小さいしめちゃ可愛い!!

シラバブは今回も松尾さん。ダガーの一人遊びは短縮形。ミストフェリーズの硬直後の起こし方は見えなかった。残念。
次は、2/11の予定。

キャッツ 大阪
2017年1月7日(夜)公演  大阪四季劇場
グリザベラ 木村智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン 時枝里好
ジェニエニドッツ 安宅小百合
ランペルティーザ 三平果歩
ディミータ 原田千弘
ボンバルリーナ 金 友美
シラバブ 松尾 優
タントミール 間辺朋美
ジェミマ 朴 悠那
ヴィクトリア 杉野早季
カッサンドラ 藤岡あや
オールドデュトロノミー 飯田洋輔
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 正木棟馬
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 上川一哉
ミストフェリーズ 松出直也
マンゴジェリー 斎藤洋一郎
スキンブルシャンクス 塚田拓也
コリコパット 押田 柊
ランパスキャット 荒木啓佑
カーバケッティ 繻エ 駿
ギルバート 玉井晴章
マキャヴィティ 田川雄理
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2016年12月17日

月刊キャッツ 12月 12/17(土) O3

月刊キャッツも、6回め。今回は、一階左サイド。サイドは、左の方がやっぱり良い。
シラバブがはっきり見える。タガーは見えないけど。

グリザベラは木村さん。まず、安定のグリザベラ。木村さんのグリザベラが
大阪では標準なのだろうか。

シラバブは今回は松尾さん。黒柳さんとは非常ににている感じ。ダガーの一人遊びと
ミストフェリーズの硬直後の起こし方にバリエーションがあることが判明。
今後のチェックポイント。
次は、1/7の予定。

キャッツ 大阪
2016年12月17日(夜)公演  大阪四季劇場
グリザベラ 木村智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン 奥平光紀
ジェニエニドッツ 安宅小百合
ランペルティーザ 三平果歩
ディミータ 原田千弘
ボンバルリーナ 渡辺智佳
シラバブ 松尾 優
タントミール 間辺朋美
ジェミマ 加島 茜
ヴィクトリア 杉野早季
カッサンドラ 山田祐里子
オールドデュトロノミー 橋元聖地
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 正木棟馬
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 大嶺 巧
ミストフェリーズ 一色龍次郎
マンゴジェリー 斎藤洋一郎
スキンブルシャンクス 塚田拓也
コリコパット 押田 柊
ランパスキャット 松出直也
カーバケッティ 繻エ 駿
ギルバート 肥田晃哉
マキャヴィティ 文永 傑
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2016年11月27日

たびたび三三。柳家三三さん 西宮酒造煉瓦館 2016年11月26日 昼

柳家三三さんの「たびたび三三」。西宮酒造煉瓦館 2016年11月26日 昼
去年に続いて、煉瓦館。残念ながら、月刊キャッツとかぶってしまい、昼のみ。

出し物は・・・

元犬
文違い
仲入り
小言幸兵衛

なぜが元犬が大好きですね。犬の三三さんが可愛い。「クルッと回ってお手」は
秀逸。

次の三三さんは、年末の枝光さんとの二人会かな。
posted by 灯台守 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語