2017年03月12日

蜜蜂と遠雷 恩田陸 

蜜蜂と遠雷 恩田陸 幻冬舎
本屋大賞候補作、9作目。架空のピアノコンサートを追いながら、音楽とはなにか、天才とはなにか、そして人生の深遠に迫る作品。全編、文章のみでピアノやオーケストラの再現に挑む作品。

芳ヶ江国際ピアノコンクールは100人の一次予選で24人に絞られ、二次予選で12人、三次予選で6人に絞られ本選に進むというものである。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。この4人を中心にコンクールの模様を描く。

かつての名作、「光の帝国」にもチェロとフルートの話があって、チェロによる音楽を描写したシーンが印象的だった。その描写シーンが全巻で表現される。ハマルか違和感で拒絶するか、その人次第だけど私はハマッた。

「チョコレートコスモス」は舞台の描写、本作は音楽の描写と、他の芸術の文字化に挑むのは素晴らしいと感じた。大風呂敷の恩田さんとリスペクトを含めて呼んでいたが、この作品で見事直木賞作家になった。呪縛から解き放たれるかな。
posted by 灯台守 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年03月02日

ラ・ラ・ランド

ラ・ラ・ランドは、デミアン・チャゼル監督作品。ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン主演。アカデミーシーを席巻したのは記憶に新しい。

ジャズピアニストのセバスチャンと女優志願のミアが巡り合う。お互いの夢を追って、挫折と夢をつかむ話。

わかる人にはわかるミュージカル映画へのリスペクトが満載。冒頭部分の夜景を望む公園でのダンスシーンが良いです。F・アステアとG・ロジャースを彷彿とするやりとりが懐かしい。

冒頭部分から畳み掛けるように映画の世界へ連れて行ってくれ、最後まで楽しませてくれる。決してハッピーエンドではないけど、心震えるのはなぜだろう。本当にミュージカル映画の楽しさを改めて見せてくれる。

次作が待ち遠しい若き監督です。
posted by 灯台守 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年03月01日

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーは、ギャレス・エドワーズ監督作品。ご存知、スターウォーズシリーズのスピンオフ。かのエピーソードWの直前10分前まで描かれる。

もう、説明するまでもないSW。かのデススターの設計図が、如何にして反乱軍にもたらされたか、なぜデススターはあれほど脆かったかの謎が明かされる。

久方ぶりのダースベータ卿の登場に、心躍ります。そして最後に今はなきキャリー・フィッシャーの若き日、レイア姫が登場。そして・・・

もうたまりません。泣きました。
posted by 灯台守 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

マグニフィセント・セブン

マグニフィセント・セブンはアントワーン・フークア監督作品。デンゼル・ワシントン主演。

ご存知、黒澤明の「七人の侍」のリメイクである、「荒野の七人」の再リメイク。ならず者から街を守るために、依頼を受けた男が仲間を集め、決戦に挑む話。

いろいろ差分はあるが、基本路線は変わらない。ただ時代と共に人種問題やジェンダーの話がさり気なく描かれている。リーダーが黒人であり、アジア人もいる。夫を失った妻の奮闘ぶりも、アメリカならでは。

配役もなかなか。デンゼル・ワシントン、イ・ビョンフォンのかっこよさは此処では書ききれない。そしてトドメのエンディング。あのテーマを流すのは反則でしょう〜。でも良かった・・・
posted by 灯台守 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年02月21日

みかづき 森絵都

みかづき 森絵都 集英社
本屋大賞候補作 8作目です。

昭和36年。高校も出ていない大島吾郎は小学校の用務員室で落ちこぼれの小学生の補習を行っていた。そんな吾郎を赤坂千明は塾の世界に引き込む。そして、二人は結婚。千明の連れ子、蕗子と二人の子、欄と菜々美とともに、高度成長する日本をバックに塾の世界へなだれ込んでいく。

吾郎と千明、そして千明の母の頼子、二人の子の蕗子、欄、菜々美、そして蕗子の子の一郎と杏の親子四代に渡る昭和から平成への年代記。根本に流れる「教育」への熱い想いがなんとも言えない。スゴイといえばスゴイが、うっとおしいといえば、うっとおしい。しかし、その畳み掛けるような事件の数々が面白すぎる。前半の千明と吾郎の奮闘ぶりも面白いが、後半の子どもたちの奮戦ぶりも捨てがたい。

折り重なる赤坂家と大島家に面々と続く教育との関わり。最後の吾郎と一郎の話も、ホントに面白い。

壮絶ではなるが、なぜか笑いがこみ上げてくる場面が多い。耐える話もあるが、弾けるエネルギーのある話でも有る。ぜひ画像化して欲しい作品だろう。
posted by 灯台守 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) |

罪の声 塩田武士

罪の声 塩田武士 週刊文春
本屋大賞候補作 7冊目となりました。

昭和の未解決事件を追うことになった新聞の文化欄記者。その背景を探りに、わずかな噂を元にイギリスへ飛ぶが無駄足となる。しかし、昔の取材を掘り起こして、名古屋に向かい、とある事実に向かい合う。とあるオーダーメイドの洋服仕立て屋の男は、母親に言われ亡くなった父親の引き出しを開けることになり、とんでもないものを発見する。それは、一冊のノートと一本のカセットテープだった。そのテープには幼い頃の自分の声が入っていたが、その内容は信じられないモノだった。

三十年以上前の「グリコ森永事件」を想定し、登場する会社名・人物以外は、ほぼそのままというフィクションの形をとったセミノンフィクションとも言える。日本の食品業界を絶望の淵にまで追い込んだ「かい人21面相」の正体に迫り、納得できる目的をあぶり出す。また、その事件に巻き込まれた2つの家族を鮮やかに描き語り尽くす情景は、凄まじいものがある。

当時、大学生だった私には、他人事と思えない、一級品の犯罪小説である。
posted by 灯台守 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年02月19日

ドクター・ストレンジ

ドクター・ストレンジは スコット・デリクソン監督作品。ベネディクト・カンバーバッチ主演。まあ、MARVEL作品なので、そういうことか。

どうみても自業自得的な事故で両手の機能を失ったストレンジは、スーパードクターの地位を失ってしまう。そんな中、どう考えても歩くことも出来ない状況から復活したという男性の症例を聞く。彼曰く、「魂でなおした」という。そして彼のいうネパールのカトマンズにあるカマー・タージと呼ばれる施設へ向かう・・・

息子曰く、ストーリー60点、映像90点。まったく同意。魔法的なモノを画像転換しているのは、さすがMARBELだけあってサービス満点でしょう。お約束のエンディング後のオマケ映像もあるし。

しかし、オマケ映像がニ弾攻撃なので、映画開始直前に「エンディング後にも映像があります」とテロップまででておりのに、1弾目終了後に出ていった方多数だった。残念。

# しかしソーが出て来るとは思わなかった。まあ、カメオ出演だけど。
posted by 灯台守 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画