2016年10月02日

柳家三三 たびたびさんざ 大阪の会。 in グランフロント大阪

柳家三三さんの独演会、初の大阪グランフロント ナレッジシアターでの昼夜二回席。
2016年10月2日(日)でした。

昼:
茶の湯
お血脈
万両婿

夜:
真田小僧
亀の甲(小佐田定雄・作)
文七元結

濃厚な合計6席でした。お腹いっぱい。至福の数時間。グランフロントもなかなか良かった。
posted by 灯台守 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

2016年07月17日

繁昌亭 2016年7月16日(土) 昼席

午前中はSF&ファンタジー読書会で、夜は姉と姪夫婦とのお食事。ちょうど、時間が余ってしまい繁昌亭へ。

桂米輝     小倉舟
桂ひろば    天災
林家菊丸    読書の時間
二重丸     太神楽
桂一蝶     昭和任侠伝
笑福亭銀瓶   くしゃみ講釈
仲入り
千田やすし   腹話術
笑福亭仁嬌   次の御用日
桂あさ吉    稲荷車
桂あやめ    船弁慶

やっぱり、落語に出てくる「おかみさん」を演じさせるとあやめさんの右に出る人はいませんな。
posted by 灯台守 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

2016年05月30日

柳家喬太郎 西宮独演会 〜牡丹燈籠〜

2016根5月29日(日) 柳家喬太郎さんの独演会がありました。なんと名作・牡丹燈籠より、もっとも有名な「お札はがし」と「栗橋宿」の2編を聴きました・・・と、いいたい所ですが出張が入り夕方の部の「栗橋宿」は聴かずに退席・・・ とほほでございます。

柳家小太郎   弥次郎
柳家喬太郎   夜の慣用句
仲入り
三増紋之助   江戸曲独楽
柳家喬太郎   怪談牡丹燈籠 〜お札はがし〜

以上が、お昼の部。13:00開演。それまで、定例読書会でなんばにいました。
以下、夜の部。

柳家小太郎   あたま山
柳家喬太郎   任侠流山動物園〜三遊亭白鳥・作〜
仲入り
三増紋之助   江戸曲独楽
柳家喬太郎   怪談牡丹燈籠 〜栗橋宿〜

時間切れで、仲入りで、新神戸へ。まあ、そういう時もあるということで。
posted by 灯台守 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

2016年05月27日

枝光 x 喬太郎 二人会 2016 in 繁昌亭

枝光 x 喬太郎 二人会 2016 in 繁昌亭
という事で、一年ぶりの二人会。
出し物は以下のとおり。

牛ほめ         桂 華紋
いらち俥        桂 枝光
華やかな憂鬱      柳家 喬太郎
仲入り
本郷刀屋(牡丹燈籠冒頭) 柳家 喬太郎
子は鎹         桂 枝光

二回目の枝光さんと喬太郎さんの二人会。
昨年のblogはここ

華やかな憂鬱では東京ローカルネタの新作でしたが、マクラだけで20分近くされていました。なかなか。仲入り後は、牡丹燈籠の冒頭部分とか。日曜日の入りを気にされていたのかな。

喬太郎さんが終わった後、不埒な方々は席を立って出ていきます。枝光さんがそれをネタにして笑わせてくれました。すっきりしました。(笑)

やっぱり筋は通さなきゃ。
posted by 灯台守 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

2016年05月11日

東西激突落語会 2016年5月10日

笑福亭たまさんプロデュースの「東西激突落語会」で堪能しました。

寿限無     笑福亭智丸
転宅      立川こはる
バーテンダー  笑福亭たま
粗忽の釘    柳家三三
仲入り
トーク合戦
多事争論    笑福亭仁智

いやはや、なかなか新しい落語会でした。立川ちはるさんは、初。小柄な女性だけどほとんど小学生の男の子に見える。しかもジャニーズJr系。まあ、お話はこれからということで。たまさんは創作の「バーテンダー」。相当面白い。酔っぱらいを演じさせるとたまさんは巧すぎる。そして三三さんの「粗忽の釘」。二回目。これは凄ずぎる。しかも至近距離で5m無い距離で見た・・・。抱腹絶倒。

トリは仁智さんの「多事争論」。目玉焼きは醤油で食べるか、ソースで食べるかの話。これまた面白すぎる。

うん、繁昌亭は素晴らしい!
posted by 灯台守 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語