2011年12月25日

夢から醒めた夢 劇団四季

夢から醒めた夢 劇団四季
待望のDVD化。待ちに待ったDVDでもある。
ピコは幽霊の存在を信じる女の子。夢の案内人に誘われ、マコと一日だけ入れ替わる。マコの白いパスポートを持って。霊界についたピコは、光の国にも地獄にも行けない人々と出会い、自分のことを聞かれる。もうすぐ人間の世界に帰るといったピコは、煉獄の管理人にパスポートを見せろといわれ、堂々とパスポートを見せるが、それは真っ黒なパスポートだった・・・。ピコは、マコはどうなる!!

劇団四季のオリジナルミュージカルでもあり、代表作のひとつでもある。初演から25年が経過しようとしているが、古さは感じられない。三木たかしの曲がすばらしく、メインテーマの「二人の世界」「愛をありがとう」は名曲。初演と再演時は、ピコ:保坂千寿、デビル:光枝明彦、ヤクザ:野中万寿夫というすばらしい配役だった。その後、保坂さん、光枝さんが四季を去り、今は野中さんが残るのみである。

作品も良いが、その良さに引かれ何度も見た舞台ミュージカルでもある。同じセリフ、同じ音楽でも日々内容が変わる。同じ配役でも、日時場所が変われば、観客も変わる。こっちの受け止め方も変わるのだ。そういえば、この作品で絶好調の保坂さんと倒れる寸前の保坂さんを見た記憶がある。倒れる寸前は、1994年1月15日(土)のマチネだった。この日は当初千秋楽だったが、チケットが売り切れたため18日まで延期された。そのマチネである。当時、四季好きの人とネットで交流があり、マチネが終わって「保坂さん、調子悪い」と話していた。で、同日ソワレ。冒頭、夢の案内人がピコを呼び出すシーンで「あれ?」と思った。歌いだして確実に思った。「あれって、井料瑠美さん?」その通りだった。

後日、井料瑠美さんにファンの交流会でご一緒したときに、こっそり聞いたら「午前中の新幹線で駆けつけました」とのこと。実際、保坂さんは病院に担ぎ込まれたらしい。その状態で、2時間の舞台を完遂するのは、お見事としか言えない。

一方、最高だったのは1994年3月27日(日) 再々演の青山劇場千秋楽。このときのマコは野村玲子だった。カーテンコ−ルが鳴り止まず、スタンディングオベーションの嵐だったことを昨日のことのように思い出す。

作品の良さもさることながら、舞台の面白さ、俳優の魅力を教えてくれた演目でもあった。

配役はここをクリック
posted by 灯台守 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD

2011年12月13日

ジュルジュ・ドン 日本最後のボレロ

ジュルジュ・ドン 日本最後のボレロ
シルヴィ・ギエムを語ったら、ジョルジュ・ドンを語らない訳には行かない。ジョルジュ・ドンのボレロは、クロード・ルルーシュの映画「愛と哀しみのボレロ」の圧倒的ダンシングで有名になった。私もこの映画で知った口である。

このDVDは、亡くなる2年前に7来日したときの録画である。1992年11月に、急逝してしまい本当に最後のボレロとなってしまった。本DVDも今は入手難である。映画「愛と哀しみのボレロ」のDVDも、絶版で入手できず。BR-Dで4時間を越える完全版で見たいものだ。
posted by 灯台守 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD

2011年12月12日

シルヴィ・ギエム オン・ジ・エッジ

シルヴィ・ギエム オン・ジ・エッジ
バレリーナ シルヴィ・ギエムのDVD。彼女の踊りを生で見たのはただ一回のみ。それがモーリス・ベジャールのボレロだった。彼のボレロはジョルジュ・ドンが有名だったが、ドン亡き後、ボレロで衝撃的感動を与えてくれるのは、彼女しか考えられない。

封印し「もう踊らない」と言っていたボレロを、東日本震災からの復興を祈念し、今年 日本で再度踊った彼女は、天岩戸の前で踊るアメノウズメかもしれない。まさに女神降臨である。

このDVDでは、わずか3分ほどだがボレロを東京バレエ団の男性と踊る姿が見える。可能なら全映像が見たいところだが、3分でも十分その衝撃はつたわるだろう。
posted by 灯台守 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD

2011年12月11日

Musical CATS

Musical CATS のDVD。昔、WOWWOWで人に頼み込んで録画してもらったものと同じだった。でも良いものは良いと感じる。最後のオーデュトロノミーの独唱はすばらしいし、グリザベラのメモリーは涙なしでは聞けない。定価1500円、Amazonなら送料無料で、1200円ちょいという値段は破格だろう。

もう四半世紀以上前に四季のキャッツを見て以来、はまったミュージカル。四季初演の初観劇では、前田美波里のグリザベラ、保坂千寿のグリドルボーンという今思えば非常に有難い配役だった。静岡公演までは、すべての公演を追っかけていたが、経済的にも時間的にもキャスト的にも意欲が続かず、あきらめた。

このDVDでは、ロンドン版かブロードウェイ版がベースになっていて、クロールタイガーの場面はすべてカットされているとか、四季ではシラバブが唄うメモリーのパートをジェニマが唄うなど四季版との差分はかなりある。でも、ダンスと歌を中心としたエンターテイメント性は少しも遜色ない出来であり、四季のCATSを知っている人でも知らない人でも十二分に楽しめる。

ただし、舞台ではなくDVDなので自由な視点は許されず、CATSを舞台のみで愛する人は見ないほうが良い。欲求不満で爆発しそうになる。「このシーンの時のマンカストラップが見たい!!」「コリコパットはどっから出てきた?」等々の対応が当然不可。再度、横浜に行きたくなるだろうから。(2011年12月現在、四季は横浜にてCATS上演中)

あの異空間で猫たちにあえる感覚を茶の間で再現してくれるとは言わないが、その雰囲気だけでも伝えてくれるDVDであることは確かである。
posted by 灯台守 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD