2015年05月15日

一瞬の風になれ 佐藤多佳子 再読その2

一瞬の風になれ 佐藤多佳子 講談社文庫
読書会のための再読シリーズ。後半とまとめのお話。特に続編について。
http://l-h-keeper.sblo.jp/article/130076901.html
上記の続き。

じっくり読み直すと、なかなかリアリティに富む内容であることが分かる。新二のタイムの伸びや春高陸上部の状況もよく考えての描写だろう。それぞれのシーズンの順位や、蓮のトラブルからの立ち直り。その連が味わった苦悩を後輩の鍵山が同様に味わす様子などは、息が詰まる思いで読み進む。

春高のポジションもリアルではある。公立高校で、そこそこの位置取りの陸上部なので、そうそうビュンビュンインターハイには出場出来るわけでもなく、結果は読んでの通り。

このエンディングが嫌いな人は嫌いだろう。続編を希望する人は存在するし、有る意味正しいかもしれない。でも佐藤多佳子さんの考えは「あとは読者にお任せ」だと思う。白百合の「黄色い目の魚」の時に個人的に聞いてみた。きっぱりした回答だった。「ありません」と。

そうか、著者は物語の世界を読者に託したのだなぁ・・・と考えることにした。新二と若菜ちゃんの後日談や連との「かけっこ」のその後も想像していいのだ。後日談が提示されないということは、何でも有りなのだ。

今も、頭の中に蓮と新二が四継を走る姿が浮かぶ。幸せな感覚である・・・
物語のバトンは私達に渡されたのだ。
posted by 灯台守 at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤングアダルト

2015年05月14日

一瞬の風になれ 佐藤多佳子 再読その1

一瞬の風になれ 佐藤多佳子 講談社文庫
読書会のための再読シリーズ。以前のレビューはこちら

http://l-h-keeper.sblo.jp/article/44261439.html

この時、すでに貸出の旅にでていたんだなぁ・・・と思い出す。

主人公、神谷新二と親友一ノ瀬蓮を中心に高校三年間を描くスポーツと青春の物語。もちろんこの二人は良いが、周りのキャラクタも捨てがたい。みっちゃんこと三輪先生、筋肉オタクの桃内、クールな守屋先輩、だんだん良い雰囲気になっていく谷口若菜ちゃんも外せない。

久々に読み直すと、いかに丁寧にキャラクタ描写されているか分かる。特に谷口若菜の描写は逸品。

現在、3巻も後半。嬉しい瞬間が近づいてくる。
posted by 灯台守 at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤングアダルト

2015年04月04日

SOSICKsU 桜庭一樹

SOSICKsU 桜庭一樹 角川文庫

プロローグ
第一話 仔馬のパズル
第二話 花降る亡霊
第三話 夏から遠ざかる列車
第四話 怪人の夏
第五話 絵から出てきた娘
第六話 初恋
エピローグ

このシリーズの短篇集。謎は初歩的。キャラ立ちを堪能してくださいませ・・という感じ。
オマケに、シリーズ2冊めと思ったらSシリーズ2冊めでした。とほほ。
posted by 灯台守 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤングアダルト

2015年04月02日

GOSICK ―ゴシック― 桜庭一樹

GOSICK ―ゴシック― 桜庭一樹 角川文庫
分野をミステリにしようかと思ったが、他のミステリ分野との差を考えてヤングアダルトに。

20世紀初頭が舞台。西欧の架空の国、ソヴュールに留学生としてきた久城一弥。彼は聖マルグリット学園に入学し、図書館塔最上階の小部屋で奇怪な美少女ヴィクトリカと遭遇する。人形のような彼女は、学園にいながら話を聞くだけで事件の真相を解明する「知恵の泉」だった・・・

直木賞受賞の桜庭一樹さんのライトノベル。ラノベなのでキャラが命か? マンガ感覚でスルスル読めます。
posted by 灯台守 at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤングアダルト

2014年12月04日

武士道エイティーン 誉田哲也

武士道エイティーン 誉田哲也 文春文庫

高校最終年度。戦力低下に悩む(いや悩んでないか・・)香織と、足の故障とつきあう早苗。二人のインターハイはいかに?

本作も二人の視点から交互にストーリーは語られるが、合間にサブキャラクターのお話が挿入される。早苗の姉、緑子、桐谷師匠、吉野先生、田原美緒と並ぶサブキャラは濃いのである。話が途切れる危険を犯しても挿入した話はなかなか良い。それぞれが長編になるお話を圧縮していると思う。

予想通りの結末というかは、難しいところだがインターハイをクライマックスに持ってこないストーリーは今後の彼女たちの行方を広く開放して集結する。素敵な続きを期待して止まない。
posted by 灯台守 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤングアダルト