2018年02月04日

騙し絵の牙 塩田 武士

騙し絵の牙 塩田 武士 KADOKAWA

本屋大賞候補作、5冊目。昨年は「罪の声」で大いに話題になった塩田さんの作品。大泉洋さんとのコラボ作品らしい。

速水は大手出版社に勤める編集者であり雑誌「トリニティ」の編集長である。出版界の苦境は例外なく彼担当のトリニティの売り上げにも現れていた。早期の黒字化を図らなければ廃刊になるとの危機感がある。その中で、同じ社の文芸月刊誌が廃刊になった・・・。非情な出版業界で戦う者たちを追う一冊。

まさに大泉洋とのコラボ作品。活字を追うごとに脳内では大泉洋主演の映画的に描写されていく。この作品が当たれば、映画化の時に彼以外の主役はいないとおもうくらいはまっている。(当たり前か)ストーリーも面白い。出版界の裏を知っている人も、知らない人も楽しめること請け合いである。(実態はこれより・・・以下自粛)

さらに、エピローグ以降も楽しませてくれる。一冊で三度おいしい「騙し絵の牙」。その意味は最後まで読むとわかります。
posted by 灯台守 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年02月02日

百貨の魔法 村山早紀

本屋大賞候補作、4冊目。

百貨の魔法 村山早紀 ポプラ社
昨年の候補作、「桜風堂書店ものがたり」と世界観を同じくするお話。

風早の街にある古いけれど街の人々に愛される百貨店といえば「星野百貨店」。その店を支える人々が語る百貨店とのお話。そこには伝説のように語られる金目銀目の白い子猫が・・・魔法のひとときに触れられる。

全五話。一話毎に人がいて百貨店とのかかわりの中、語られる心の内側がしみこむ。人生があって、そこにあたたかな百貨店があって、交錯する想いが転がっていく。でも、果てしなく優しい笑顔が見えてくるのは、やっぱり村山さんの作品らしい。

前作の世界と重なってさわやかで心温まる読後感があって、幸せに浸った。危機にある百貨店と、その行く手にある未来も、仕掛けの延長上にあるというサービスネタも盛り込んであってという一冊だった。

posted by 灯台守 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月20日

本屋大賞 今年も候補作出揃う。

2018年度の本屋大賞の候補作が、1/18(木) 12時過ぎにWEB上にて発表されました。
なかなか良いラインナップ。しかし、二連連続の著者の方多し。

勤務先の最寄り駅そばに紀伊国屋があり、『屍人荘の殺人』を入手。その他も即時発注。今年は、すでに2冊読了していました。
すでにブログ記事があるもののみリンクしています。

作品名 著者 出版社
『AX アックス』伊坂幸太郎(著)KADOKAWA 入手済
『かがみの孤城』辻村深月(著)ポプラ社 読了
『キラキラ共和国』小川糸(著)幻冬舎 読了
『崩れる脳を抱きしめて』知念実希人(著)実業之日本社 発注済
『屍人荘の殺人』今村昌弘(著)東京創元社 読了
『騙し絵の牙』塩田武士(著)KADOKAWA 発注済
『たゆたえども沈まず』原田マハ(著)幻冬舎 入手済
『盤上の向日葵』柚月裕子(著)中央公論新社 入手済
『百貨の魔法』村山早紀(著)ポプラ社 入手済
『星の子』今村夏子(著)朝日新聞出版 発注済
posted by 灯台守 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年12月24日

キラキラ共和国 小川糸

キラキラ共和国 小川糸 幻冬舎
ごぞんじ、「ツバキ文具店」の続編。

正編の感想はこちら
ツバキ文具店

NHKの連続ドラマが、わりと良くて鎌倉にあこがれてしまいます。すっかりポッポちゃんのイメージが多部未華子さんになるかと思いきや、初読時のイメージが浮かんでくるのは、さすが小川糸さんの筆力でしょう。

前回、いい感じだったモリカゲさんと結婚したポッポちゃん、QPちゃんのその後のエピソードの話なので、前作は必読。リアル派の方から見ると「こんな事は物語の中だけ」と批判を受けそうな感じだが、やっぱり小川節が炸裂する。これはこれで、ありかもしれない。特にモリカゲさんの故郷でのやり取りには胸が熱くなった。

一方、リアルな話もある。夢いっぱいな事だけでは現実は語れないということか。伏線だけ張った感のあるエピソードもあるし、続々編に期待。

不作の今年の中で、救われた一冊(シリーズ)だった。
posted by 灯台守 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年12月03日

雨の日も神様と相撲を 城平京

雨の日も神様と相撲を 城平京 講談社タイガ

ミステリー作家で漫画原作で活躍している城平京さんのラノベです。相撲とミステリがファンタジー的に合体した稀有な作品。

主人公は、逢沢文季(あいざわ・ふみき) 中学3年生の“相撲少年”。父は190センチに達する仁王のような男で、大学まで相撲をやっていたが腰を痛めて力士の道をあきらめる。母は小柄だが、その父を凌駕する相撲知識と理論の持ち主。二人は相撲が縁で結ばれ両国で暮らし、文季が生まれた。しかし、彼が中学3年になる春休みに二人とも亡くなってしまう。
親族のほとんどいない彼が引き取られた先は、会った記憶も怪しいたった一人の叔父さん。暮らす久々留木村(くくるぎむら)は米つくりが盛んな村で、どうもカエルの鳴き声が名前のもとらしい。その村ではカエルが神様であり、相撲が大好きとのこと。文季も相撲好きの両親の方針で10年相撲をやってきていたが、身長は150cmたらずで体重も40kgあるかどうか。村に来ることで相撲との縁が切れると思っていた文季だが、さらに深まることになる。はては、神様であるカエルから「相撲を教えてほしい」と言われる。彼は相撲に愛されているのか、それとも祟られているのか。

読みやすい文章に騙されてはいけない。緻密なプロット、異色のキャラクタ、裏の裏の裏まで考えた論理構成が、その読みやすさを支えている。そもそも、引き取られた先が、一度あったかどうかくらいの叔父とその義理の父親という構成からはじまるし、カエルに依頼された相撲が非常にリアルで、人間の相撲との比較はおもわず肯いてしまう。いやいや、それは実際にないだろう・・・って思う以前に肯いているのが素晴らしい。そして、最後はあのオチである。いやはや。

作中の殺人事件の要不要論もあるが、それはさておき、Amazon評価が10のうち★5が5、★4が5という高評価の作品である。

posted by 灯台守 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) |