2017年11月18日

月刊キャッツ 11月二回目 11/18 1F G10

月刊キャッツ、19回め。今回は、1階G列11番。

前回から1週間なので、あまり変わらず。
バストファージョーンズの最終シーンは、体重計だったのか。
休憩明けのジェミマの可愛い猫遊びは、もう感激。隣の女性のバックを嗅いで、見上げる顔は猫!!

017年11月18日(昼)公演  大阪四季劇場
グリザベラ 松本菜緒
ジェリーロラム=グリドルボーン 奥平光紀
ジェニエニドッツ 安宅小百合
ランペルティーザ 山中由貴
ディミータ 円野つくし
ボンバルリーナ 渡辺智佳
シラバブ 藤原加奈子
タントミール 村上今日子
ジェミマ 松山育恵
ヴィクトリア 馬場美根子
カッサンドラ 片岡英子
オールドデュトロノミー 橋元聖地
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 正木棟馬
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 田邊真也
ミストフェリーズ 松出直也
マンゴジェリー 玉井晴章
スキンブルシャンクス カイサータティク
コリコパット 山科諒馬
ランパスキャット 荒木啓佑
カーバケッティ 繻エ 駿
ギルバート 肥田晃哉
マキャヴィティ 中村智志
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2017年11月11日

月刊キャッツ 11月 11/11 2F J9

月刊キャッツ、18回め。今回は、2階J列9番。
今日は34回目のキャッツ日本初演日。カーテンコールで、タガーの締めコールが数回続いて「END」の看板まで出た。

シラバブは藤原さんに戻っていた。2階席なのにオペラグラスを忘れるという失態!!
タガーの一人遊びは不井藁さんオリジナルらしい。
ミストの硬直から解除はしっぽ引っ張るで確定らしい。

キャッツ 大阪
2017年11月11日(昼)公演  大阪四季劇場
グリザベラ 松本菜緒
ジェリーロラム=グリドルボーン 奥平光紀
ジェニエニドッツ 安宅小百合
ランペルティーザ 山中由貴
ディミータ 原田千弘
ボンバルリーナ 渡辺智佳
シラバブ 藤原加奈子
タントミール 高倉恵美
ジェミマ 松山育恵
ヴィクトリア 馬場美根子
カッサンドラ 片岡英子
オールドデュトロノミー 山田充人
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 正木棟馬
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 田邊真也
ミストフェリーズ 松出直也
マンゴジェリー 玉井晴章
スキンブルシャンクス カイサータティク
コリコパット 押田 柊
ランパスキャット 荒木啓佑
カーバケッティ 繻エ 駿
ギルバート 肥田晃哉
マキャヴィティ 文永 傑
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2017年10月08日

月刊キャッツ 10月 10/7 1F F30

月刊キャッツ、17回め。今回は、一階F列30番。
舞台に向かって右手最前列から2列目の右端

表情が見える見える。細かい遊びが盛りだくさんで、結構堪能した。
もう、一瞬も緩んでない猫たち。

シラバブの五所さんは、貫禄十分。やはり歌は上手いし可愛いですなぁ。
往年の鈴木京子さんを思い出した。(タイプは違うけども)

タガーの遊びはお兄さん猫にちょっかいをだして逃げるパターンだった。
ミストの硬直から解除はしっぽ引っ張るで確定なのか?

キャッツ 大阪
2017年10月7日(夜)公演  大阪四季劇場
グリザベラ 松本菜緒
ジェリーロラム=グリドルボーン 奥平光紀
ジェニエニドッツ 加藤あゆ美
ランペルティーザ 山中由貴
ディミータ 原田千弘
ボンバルリーナ 山崎遥香
シラバブ 五所真理子
タントミール 村上今日子
ジェミマ 円野つくし
ヴィクトリア 引木 愛
カッサンドラ 高橋伶奈
オールドデュトロノミー 橋元聖地
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 正木棟馬
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 田邊真也
ミストフェリーズ 松出直也
マンゴジェリー 新庄真一
スキンブルシャンクス カイサータティク
コリコパット 山科諒馬
ランパスキャット 荒木啓佑
カーバケッティ 繻エ 駿
ギルバート 肥田晃哉
マキャヴィティ 中村智志
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2017年09月17日

月刊キャッツ 9月 9/15 1F L11

月刊キャッツ、16回め。今回は、一階L列11番。
シラバブ握手席だと思ったが、ハズレ。通路挟んだ反対側だった。

松本グリザベラは二度目。声量多し。シラバブは初見の五所真理子さん。歌はうまい。声量も大きい。慣れていないのか、タガー遊びはぎこちない感じ。ミストの覚醒シーンはしっぽ引っ張るで確定なのだろう。
黒柳さん、藤原さん、松尾さんから四匹目のシラバブ。私にとっては過去最多かな?
五所真理子さん、調べてみたら、かなりのベテランみたい。ジリアンをやっているなら、正統なシラバブですね〜。

ヴィクトリアの引木愛さん、タントの村上さんは、ばっちりすぎる。今後も注目。

キャッツ 大阪
2017年9月16日(昼)公演  大阪四季劇場
グリザベラ 松本菜緒
ジェリーロラム=グリドルボーン 真瀬はるか
ジェニエニドッツ 加藤あゆ美
ランペルティーザ 馬場美根子
ディミータ 原田千弘
ボンバルリーナ 渡辺智佳
シラバブ 五所真理子
タントミール 村上今日子
ジェミマ 松山育恵
ヴィクトリア 引木 愛
カッサンドラ 高橋伶奈
オールドデュトロノミー 種井静夫
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 橋元聖地
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 大嶺 巧
ミストフェリーズ 松出直也
マンゴジェリー 新庄真一
スキンブルシャンクス カイサータティク
コリコパット 山科諒馬
ランパスキャット 荒木啓佑
カーバケッティ 一色龍次郎
ギルバート 玉井晴章
マキャヴィティ 文永 傑
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 08:52| Comment(1) | TrackBack(0) | あれこれ

2017年07月16日

月刊キャッツ 7月 7/16 1F G9

月刊キャッツ、14回め。今回は、一階G列9番。客席の左端。この席からだと、やっぱり見えてなかったものが見えてきます。猫たち、ずっと演じているんだよね〜

今回も藤原加奈子シラバブ。タガーの時は、普通に遊んでいました。ミストの時の硬直から復活するのは、マンカストラップにしっぽを引っ張られていました。初めて見ました。

休憩中の舞台観察、舞台上のハンドルのエンブレムは四季のエンブレムでした。また、あたり一面、蛍光のテープのマークだらけでした。

そして一周年のご挨拶。感動です。千秋楽は2018年5月6日に決定していますが、さてあと何回見ますかね。

キャッツ 大阪
2017年7月16日(昼)公演  大阪四季劇場
グリザベラ 木村智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン 真瀬はるか
ジェニエニドッツ 安宅小百合
ランペルティーザ 山中由貴
ディミータ 原田千弘
ボンバルリーナ 山崎遥香
シラバブ 藤原加奈子
タントミール 村上今日子
ジェミマ 松山育恵
ヴィクトリア 馬場美根子
カッサンドラ 高橋伶奈
オールドデュトロノミー 飯田洋輔
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 正木棟馬
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 田邊真也
ミストフェリーズ 一色龍次郎
マンゴジェリー 斎藤洋一郎
スキンブルシャンクス カイサータティク
コリコパット 押田 柊
ランパスキャット 荒木啓佑
カーバケッティ 河津修一
ギルバート 玉井晴章
マキャヴィティ 中村智志
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ