2014年06月13日

妻はくの一 2〜8 風野真知雄

妻はくの一 2〜8 風野真知雄 角川文庫
織江は彦馬をかげながら見守りつつ、静山の屋敷に潜入する・・・。お庭番の上司、川村からは「嫁になれ」と言われてしまう。

母の助言もあり、抜け忍となる織江と雅江。襲い来るお庭番たち。なんとか襲撃をかわした織江を狙うのは、お庭番の凄腕の3人だった。織江のすさまじい忍者同士の戦いの中、彦馬の穏やかな謎解き話を絶妙のバランス感覚で挟みつつ、物語は進んでいく。
posted by 灯台守 at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99642052
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック