2014年04月18日

雷獣びりびり 高橋由太

「大江戸あやかし犯課帳」雷獣びりびり 高橋由太
まったく前情報無しに購入した105円本。なかなか。

家康公が江戸を開いて200年、街中に出てきて悪さをする妖怪を取り締まる「妖怪改方」があった。おりしも妖怪を率いて江戸を騒がせる善鬼という盗賊集団がいた。「妖怪改方」は前の長官が退任後、妖怪を捕らえる技量も廃れ、危機を迎えていた。そんな中、不在だった妖怪改方の長官が赴任するという・・・

「妖怪改方」に勤める若手同心の刀弥、形ばかりの許婚の統子と雷獣クロスケが活躍する「ほんわか妖怪江戸捕り物帳」のはじまりはじまり。
posted by 灯台守 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93401394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック