2014年03月17日

神去なあなあ夜話 三浦しをん

神去なあなあ夜話 三浦しをん 徳間書店

ご存知、「神去なあなあ日常」の続編。いやはや、勇気くんも成長しました。(ホント?)

神去の由来がシゲばあさんから語られ、ヨキからは、悲しい過去の事実も告げられる。ほのぼの路線は、そのままだが、厳しさも含まれている。その奥は深い。

クリスマスのエピソードが可愛くて、ちょっと気に入った。直紀さんとの関係も進展した?

またまたの続編を期待したい。
posted by 灯台守 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90675789
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック