2014年01月21日

狼と香辛料 W 支倉凍砂

狼と香辛料 W 支倉凍砂 電撃文庫

ホロの故郷、ヨイツを探すため異郷の神話を知っているという修道士を訪ねてきた村にいたのは愛想のないエルサという娘だった。その村に滞在している間に、毒性の麦の発見の事件が勃発。ロレンスはどうにもならない状況に追い込まれる。起死回生の手は?

ますます快調のこの話。今回は、経済ミステリというよりもファンタジー寄りかもしれない。ロレンスとホロの関係がなかなか良いですなぁ。

posted by 灯台守 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85689954
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック