2014年01月13日

2013年末から2014年初の映画

この年末年始に見た映画の備忘録

かぐや姫:
高畑監督とは相性が悪く、今回も危惧したが、内容も画もよかった。結論は「男親はバカ」に尽きる。(笑)息子は「最後に何が言いたかったか、よくわからない」と言っていた。子供を持つ身として翁と嫗に感情移入するが、息子には理解できなかったに違いない。

声優はあたり。伊集院光が意外と芸達者。

ゼロ・グラビティ:
内容からすると原題のグラビティの意味するものが重要で、この邦題は疑問。サンドラ・ブロックの名演が光る・・・というか、ほぼ一人芝居状態。濃すぎない娘のエピソードや、相棒であるジョージ・クルーニーの短いシーンが印象的に使われている。

ただし、突入シーンは科学的には不可解。

武士の献立:
「武士の家計簿」に続く物語。上戸彩のイメージと劇中の「はる」との性格がオーバーラップした上、新婚である彼女の状況とあいまって、なかなか好印象だった。ただ、前作の家計簿の方が印象が濃いのは、題名の献立にかかわるアイテムが少なく、加賀騒動に咲かれている事柄が重いからかもしれない。(結局、中途半端)

劇場版 HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION-
「キメラアント編の導入部分から抜け出した話」らしい。まあ、地上波のメルエム戦より前にネテロの百式観音を見ることが出来たのはなかなか。(一部の人のみ意味鮮明)

番外編:
予告編で、「アナと雪の女王」が流れていた。しかし、解説は一切無し。ミュージカル仕立ての本作品の主題歌である「Let It Go」をほぼ全編紹介。これにブチのめされました・・・。恐るべしディズニー。


posted by 灯台守 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85258711
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック