2013年07月08日

夜の底は柔らかな幻 恩田陸

夜の底は柔らかな幻 恩田陸 文藝春秋社

ご存知、直木賞候補作。恩田さんは今回で5度目のノミネート。直木賞はノミネート回数が多いと受賞確立が高くなるし、今回の候補の中では一番回数が多い。一番賞に近い人だろう。

まあ、受賞しようが、しまいが 買い続けるだろうな。

今回は、上下巻あわせて2000円以下で購入。なかなか良い買い物だった。早速読もうと思ったが、内容が内容なだけに、明日に順延にした。
posted by 灯台守 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70687033
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック