2013年05月22日

剣客商売 辻斬り 

ご存知、池波正太郎さんの剣客商売、二巻目の「辻斬り」まで読了。

やはり単純な時代物を越えたものがある。人と人とのつながりが深く語られるのは、やはり池波時代物の特徴だろう。それと食べもの。これまた魅力的。

なお、巻数が進むと三冬と大治郎の絡みも面白くなる。オススメのシリーズ♪
posted by 灯台守 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68164901
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック