2013年01月31日

HUNTERxHUNTER 蟻編 冨樫義博

HUNTERxHUNTER 冨樫義博 集英社
蟻編を読了。たぶん、これまで読んだマンガの中でベスト5には入るし、今後も上位を占める位置にある作品だろう。読んでいない人は、幸いである。これから読むことができる。読んだ人も幸いだろう。あの感動を味わったのだから。

凄まじい、「念」のバトル。細かい伏線。回収されない伏線らしいものもあるが・・・まあ、仕方が無いか。

このエンディングは想像できなかった。途中登場したキャラクタが影響することは想像に難くないが、そこからあのエンディングに結びつけた人はいないだろう。周到な「蟻属」の設定によって、比類なき物語を構築してくれた。

ホント、途中で切れなくてよかったと思う。いつか再読したいが、今は静かにコミックスを置くことにした。
posted by 灯台守 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61903651
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック