2013年01月29日

HUNTERxHUNTER 冨樫義博

HUNTERxHUNTER 冨樫義博 集英社
あらためて解説する必要もない作品。あまりの不定期連載に危機感を感じて、蟻編が終了するまで読まなかった。GI編から読み返し、いま蟻編に突入。いやはや凄い。

まあ、遅筆で不定期連載だが、そのストーリー/プロットは並ぶものが無い。一気に読むと凄まじい。週間で読むには心臓に悪いかもしれない。なんせ、いつ休載するかわからない時があったのだから。

GI編のカードゲームの構築や、蟻編、幻影旅団編(?)に登場する「念」のバリエーションは、ひとつひとつが短編SFかのようである。ジョジョのスタンドと双璧のマンガ中に登場する能力だろう。

この時代に生きて、「読めてよかった!!」と思える作品のひとつ。
posted by 灯台守 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61839879
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック