2012年08月08日

猫絵十兵衛〜御伽草紙〜 一 永尾まる

猫絵十兵衛〜御伽草紙〜 一 永尾まる 少年画報社

時は江戸時代。猫の絵を描いて商いをする「猫絵師」十兵衛。実際の仕事としてあり、文献にも残っているとのことである。知る人ぞ知る「ねこぱんち」に連載されているというマンガ。

当時も今も猫を愛する人はいて、猫を取り巻く人間模様もある。猫絵師として「猫を描かせれれば上手い」が「人は下手」という十兵衛と猫又のニタのやり取りもまた良いものである。

一編一編に猫への愛情が感じられて和むマンガである。猫好きにプレゼントしたい一冊。
posted by 灯台守 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57502519
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック