2012年07月31日

ヴァルデマール年代記 読む順番

ヴァルデマール年代記は、マーセデス・ラッキーのファンタジーシリーズだが、読む順番に注意が必要。原則的には、原書の出版順に読むことが一番良いと思う。具体的には次の通り。

・タルマ&ケスリーの三冊
・タリア三部作 ヴァルデマールの使者
・ヴァルデマールの最後の魔法使い三部作
・ケロウィンの「運命の剣」
・ヴァルデマールの風 三部作
・ヴァルデマールの嵐 三部作

なお、ヴァルデマールの絆 三部作は現在邦訳中だが、時代的には3(スキッフの話)→1(アルベリッヒの話上)→2(アルベリッヒの話下)の順で時間が経過している。使者3部作の後であれば、いつ読んでもOKかもしれない。
posted by 灯台守 at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57340659
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック