2012年06月23日

エイリアン魔獣境 菊池秀行

エイリアン魔獣境 菊池秀行 朝日ソノラマ
手持ちの文庫を見ると、1983年刊となっている。30年前とはちょっとビックリ。

八頭大は、名ピアニストのサイラスの「手」を取り戻してくれという依頼を受ける。その手は彼がアマゾンの奥地で盗んだものらしい。盗んだ三人は30階の高層ビルから盗んだ。それも窓を開けて・・・

アマゾンの奥地に想像を超えるものたちが存在し、大の行方を阻む。太宰ゆきは、いつもどおりのノリで行動するし、シュミットという好敵手も現れる。サイラスの「手」とは何か?そして大の運命は?

30年たっても冒険活劇のテイストは変わらず、すばらしい。文庫2冊分を一気読み。
posted by 灯台守 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56662152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック