2012年06月17日

幸せへのキセキ

「幸せへのキセキ」はキャメロン・クロウ監督作品。主演は、動物園を買い取るベンジャミン・ミーにマット・デイモン、飼育員ケリーにスカーレット・ヨハンソン。そしてベンジャミンの娘にマギー・エリザベス・ジョーンズ・・・彼女が反則技で可愛すぎ。動物と子供には勝てない原則技を繰り出す映画である。

冒険ものの取材で名をはせた記者・ベンジャミンは、妻を病気で亡くし失意のどん底にいる。息子とのコミュニケーションも取れず、家を引っ越すことにする。そして娘のロージーが選んだ引越し先こそ、元動物園だった。危機に瀕する動物園を再生するべく彼は奮闘するが・・・

亡き妻への想いや、息子との葛藤、動物園再生のための資金難などがお約束の通りに描かれる。カメラワークはうまく、動物たちの息遣いを伝えてくれ、リアリティを損なわない。また、娘・ロージーを演ずるマギー・エリザベスは、さすがハリウッド映画に選抜されるだけあって、その演技は名演。ラストシーン近くの動物園の制服を着て孔雀の説明をする彼女は見事。

ラストも一工夫したまとめ方で、キーワードは“Why not?” 字幕では「いけない?」という言い方になっていたが、なかなかスパイスの効いたほろりとさせてくれるラストだった。

吹き替えなら家族で楽しめる。字幕でもなんとかOKかな?
posted by 灯台守 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56535977
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック