2012年05月26日

裁きの門 マーセデス・ラッキー 読了

裁きの門 マーセデス・ラッキー 創元推理文庫
なんだかんだで、読了した。創造していた内容とは、かなり違うエンディングまでのストーリーだったが、最終着地点は、まあそういう感じ。

以下ネタバレあり。要注意。タルマとケスリーの最終目的を念頭におきつつ、「どうやって目的のもの」を入手したか、うまく説明してくれている。二人の間に、二人が認めることのできるメンバーをどうやって取り込むのか、難しいと感じていたが巧みなキャラクターの創造とストーリー展開には違和感がなかった。

途中の魔法の「達人」同士の戦いは壮絶。でもタルマが何を失ったかよくわからない。再読が必要か?

最後の最後で題名である「裁きの門」という意味が解る。お見事なネーミングである。
posted by 灯台守 at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56075609
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック