2012年05月06日

宇宙兄弟

宇宙兄弟 森義隆監督作品。
講談社のモーニング連載のマンガを原作とした、小栗旬、岡田将生が主演。
南波六太(なんばむった)と弟の日々人(ひびと)は、ある日UFOを目撃する。その日から、宇宙に行き、月面に立つことをめざす。弟は、夢を追い宇宙飛行士になるが兄は自動車の設計技師となる。しかし、弟の日々人を馬鹿にした重役に頭突きをして会社をクビになり、JAXAの宇宙飛行士募集に応募する・・・

原作の10巻あまりを2時間強に収めるには無理があったというしかない。小栗旬も岡田将生も熱演でなかなかうまい。それだけに残念。前編・後編で描いてもよかったと思うが、興行的には無理か。

宇宙を目指すという想いと現実との葛藤が描かれていて、その部分は大いに共感した。しかし、ついつい原作と比べてしまい、損をしている部分もある。それだけ原作がよいということかも。

ビックリしたのは、Buzz Aldrinが本人役で出ていたこと。ご存命だとは知っていたが存在感ありあり。
posted by 灯台守 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55690826
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック