2012年04月21日

或る旅人の日記

或る旅人の日記 加藤久仁生監督のアニメーション。
アカデミー賞を受賞した「つみきのいえ」の作者でもある。
足の長いブタにまたがり、たびを続ける主人公は「トートフ・ロドル」六篇からなる不思議で癒される非日常的なお話。たぶん、その時々により好きな話が変わるだろうとも思う。暖かいタッチの絵は、この人の特徴でもあるが、凛とした質の高い絵でもある。

バックグラウンドで流し続けても良いような、アニメーションだった。TSUTAYAで50円で借りてきたことを考えると、相当のお値打ち品。
posted by 灯台守 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55425376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック