2012年04月19日

仮面の貴族 1〜3 ロビン・ホブ

仮面の貴族 1〜3 ロビン・ホブ 創元推理文庫
ファーシーア一族の物語、第三編。
このシリーズは、六公国の王子の庶子、フィッツの幼少のころから始まり、その国の最大の難関を退けるまでの話に始まり、ふたたび六公国に戻り、女王の願いから彼女の息子を助けるまでを描く続編に続くまでが翻訳されちた。今回の本は、その続編である。

で、詳しい筋を書きたいのだが、書くとこれまでの話の勘所も書かねばならず、消化不良になってしまう。ただし、面白い話であることは請合うことのできる話。でもかなり長いので覚悟して読み始めてください。
posted by 灯台守 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55384954
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック