2012年02月29日

動物のお医者さん 佐々木倫子

動物のお医者さん 佐々木倫子 花とゆめCOMICS 白泉社
犬をみるとシベリアン・ハスキーだったあのころの作。一時代を作った感さえあった。「ちょび」という犬も増えた気がした。息子に12巻渡したら、即、むさぼり読んでいる。あの面白さを十二分に堪能してくださいな。

今でも12巻のコミックスを読み始めるとハム輝や菱沼さん、漆原教授がそこにいる。名作というのは、こういう本のことを指しているのだろう。四半世紀近く経過しても、読むに耐えるマンガが確かにここにある。
posted by 灯台守 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54217998
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック