2012年02月14日

エレニア記 サファイアの薔薇(下巻)エディングス

エレニア記 サファイアの薔薇(下巻)エディングス
エレニア記最終話。いよいよ邪神・アザシュとオサとの対決に向かうスパーホーク。四騎士団のメンバーとセフレーニア・ベリット・クリク・タレンらと戦いに向かう。そして多大な犠牲をはらってアザシュを亡き者にする。

やはり、エディングスの会話の妙はすばらしい。その後のタムール記につながる伏線もしっかり張ってある。改めて読むと、最終イベントにつながるちょっとした伏線もあって、あらためて読むと細かい記述が「おお!!」っという所がある。

やっぱり数年ぶりに読み直しのエレニア記はすばらしいし、これからタムール記に突入する(かもしれない)。そうそう、ミルタイは最高で最強である。
posted by 灯台守 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53919908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック