2012年02月12日

マンガ喫茶に行く

マンガ喫茶に行く。9:50に入って3時間コース。息子と姉夫婦。
幻境図書館(河路 悠)1〜2.築地魚河岸三代目(はしもと みつお)22巻〜25巻。べるぜバブ(田村隆平)、1巻から5巻まで。

幻境図書館(河路 悠)は、4巻まで出ているらしいがマンガ喫茶には2巻までしかなかった。心霊ものというか微妙なバランスの作品。バランスはよく、まあまあ。結構前の作品。築地魚河岸三代目は、とにかくお腹の減るマンガ。昼前に読むものではないな。べるぜバブは、ジャンプ連載だ!!と主張しているような、鉄板の展開。まあ、ある意味ジャンプの王道かも。特筆すべきは設定かも。設定命のマンガ多数あるが、最右翼かもしれない。見事な設定の勝利。
posted by 灯台守 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53872666
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック