2012年02月11日

図書館の主 1 篠原ウミハル

図書館の主 1 篠原ウミハル 芳文社
図書館マンガもここまで来たか・・という感じの本書。児童書専門図書館の司書、御子柴が児童書とかかわる人たちとの物語。帯には「児童書のソムリエ・御子柴」と書かれているけどかなり口うるさい人物の様子。

週間マンガ「TIMES」に連載中で、本書が一冊目で2冊目も出ている。一般の方は、名作といえど児童書となると読んでいない本も多い。巻が進むにつれて選択する本も難しいだろう。本をあつかうこの分野の難しいところ。健闘を祈る。
posted by 灯台守 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53830324
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック