2012年01月09日

童夢 大友克洋

童夢 大友克洋 双葉社 アクションコミックス。
いわゆるA5サイズの大判で出ている。日本人というかアジア人というか、あの独特な人物描写は彼以前は無かったし、今も追従できている人はいないような。

とある団地。その団地で刑事部の部長が自殺する。その自殺を契機に不可思議なことが連続で起こる。そして、その事象は・・・

濃密な短編SFを、忠実にマンガ化したような作品。文章ではなく、マンガの持つ特異性をフルに発揮し、大友克洋の名を世に知らし召した作品でもある。その「センス オブ ワンダー」の世界観に触れて、一時期 彼の作品を軒並み読んでAKIRAの刊行を心待ちにしていた時もあった。しかし、童夢のような作品とは二度と出会えなかったし、書いてくれてはいない。

あの一冊に詰まった異世界。平凡な団地の空間に、すべてのエネルギーを注ぎこんで作り上げた「童夢」は、一種異様なマンガだった。だからこそ、「マンガのSFも有りかも」と納得させてくれたし、期待も持たせてくれた。SF大賞も受賞した。でも、今では新刊で購入できないのは残念。某○○offにて105円で購入。データ化されてiPadに格納済み。
posted by 灯台守 at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | マンガ
この記事へのコメント
ん十年前あたしも読んで衝撃受けました
読み終わった後、思わず本を放り投げたましたもんww
彼の世界は独特で、身近な場所が異世界のようで普通に見える子が特異なものを持ってて・・気持ちが取り込まれそうでしたねえ
その後いくつか読んで、あれれ?ってなった記憶があります
Posted by kero at 2012年01月11日 00:16
初版が出て、かれこれ30年だそうで。発表された時から数えると30年以上ですね。

当時からすると、バラエティに富んだマンガ界ですが、大友克洋を超える異色のマンガ家には、なかなか出会えません。
Posted by 灯台守 at 2012年01月11日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53025678
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック