2011年09月06日

海の底 有川浩

海の底 有川浩 角川文庫
自衛隊三部作と言われる中の最後の作品。

横須賀米軍基地の基地祭りの最中、基地は意外なものに、意外なところから襲撃を受ける。それは人レベルの大きさになったザリガニ。海から大量に襲い掛かる。人を食料と認識して。
おりしも停泊中だった、海上自衛隊潜水艦「きりしお」。乗り組み員も状況が状況だけに避難しようしていたところに、子供たちの集団があった。彼らを救うため、艦長と乗り組み員2名は、ザリガニの縦となって彼らを潜水艦内に救出する。しかし、艦長は・・・

横須賀内でザリガニと戦う警察部隊。潜水艦内で救出を待つ自衛官2人と子供たち。米軍と自衛隊・警察が駆引きをしている中、潜水艦内も閉じ込められた者たちの物語りも始まる。

これまた、有川さんの独壇場。ザリガニ(正確には「サガミ・レガリス」)との戦闘シーンや、警察と自衛隊の駆引きから、子供たちの描写、行動までリアルな書き込み振りはなかなかすばらしい。読んでいて飽きない。

お約束の甘いお話は、ちょっと雰囲気をかもし出すだけで終了だが、それもまたいい感じ。

どうも、自衛隊三部作は、その後の話があるようだ「クジラの彼」こちらも読むんだろうなぁ。
posted by 灯台守 at 21:24| Comment(0) | ヤングアダルト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]