2011年07月28日

押さえておくべきミステリー

昨日、今日、明日と家内の実家一族が松山に集結し、いろいろと行動。で、甥っ子の読書傾向がミステリに向いているとのことで、急に思い立った次第。
他の分野と違い、ミステリは時系列で読むほうがよいとおもう。その中で古典といわれる本のうち抑えておくべき本をあげてみた。

・ポー「モルグ街の殺人事件」「盗まれた手紙」
・クリスティから、「そして誰もいなくなった」「アクロイド殺人事件」「オリエント急行」「ABC殺人事件」
・クイーンから「Yの悲劇」「エジプト十字架の秘密」
・ルルー「黄色い部屋の秘密」
・クロフツ「樽」
・ヴァン・ダインの初期から数冊。
・シャーロック・ホームズ「赤毛連盟」「まだらの紐」「6つのナポレオン」

日本で言えば、
・綾辻行人「十角館の殺人」
・島田荘司「占星術殺人事件」
posted by 灯台守 at 22:55| Comment(0) | ミステリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]