2011年05月02日

有頂天家族

有頂天家族 森見登美彦 幻冬舎文庫

幻冬舎文庫と書いたけど、本作品は私にとって初の「購入した電子書籍」である。今後、大量の電子書籍を購入すると思うけど、たぶんこれが最初の一冊。

しかし、電子書籍って「一冊」って数えるのかなぁ。ファイル数って、助数詞的に考えたことがない。

で、この本は「たぬき」の本である。能天気なたぬき一族のお話。
posted by 灯台守 at 07:36| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]