2008年04月10日

ゆっくり さよならを となえる 川上弘美

ゆっくり さよならを となえる 川上弘美 新潮文庫

ご存じ、「蛇を踏む」で芥川賞を受賞した川上弘美さんのエッセイ。
このところ、気になる作家であり、連続して読んでいる。
女性のエッセイは、非常に心地よい。エッセイを読んでいると、男女の感覚の
差はあるものだなぁ・・・と思う。それが先天的か、後天的かは定かではないが。

川上さんの感性は、こころ和むものがある。鋭いといえば、鋭いのだろうが
どっかほんわかした雰囲気である。なかなかつたない言葉では伝えられない
日常の日常たる様子が伝わってくる。

最後の題名にもなっている、「ゆっくり さよならを となえる」を読みながら
そう思った次第。
posted by 灯台守 at 21:25| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]