2008年02月27日

バッテリー X あさのあつこ

話の中心が、巧と豪から、キャプテン(2つの中学の野球部)2人にうつった感じ。
巧と豪は中学生という感じだが、キャプテン2人は、高校生か大学生の
雰囲気。さすがに「テニスの王子様」クラスの落差は無いけどね。

横手との再試合を画策するキャプテン二人。その動きと、バッテリーの
復活の様子が、痛々しい。重いテーマになってくる。
巧の「投手としての自分を押さえきれない自分」が投げるとは、どういうことか
なかなか理解出来ない。なんか雰囲気はわかるけど。
門脇の苦悩とか、巧、豪のもどかしさが伝わりづらい。
う〜ん、いよいよ最終巻に突入。
posted by 灯台守 at 08:25| Comment(0) | ヤングアダルト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]