2008年01月24日

工作少年の日々 森博嗣

工作少年の日々 森博嗣 集英社

森さんのエッセイは、ある意味「想定外の視点」からの見方、考え方の
処方箋である。

たとえば、
”「好きなものが買えない」という人は、本当はその物を
欲しいとは思っていない。”
とか
”忙しいと言っている人で、本当に忙しい人には会ったことがない。
忙しいと言っている人は、忙しい自分を望んでいるか、自分をそう見て
欲しいと思っている人である”
などの毒のある文章は、まさに森理論のエッセイ=処方箋である。

くすくす笑いながら読む森エッセイは、ほんと息抜きになるが
ちょっと背筋が寒くなることがあるので、読み過ぎには注意と
いったところか?

そう、処方箋なので、薬は適量にということだろう。
posted by 灯台守 at 23:17| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]