2007年07月22日

ARMSというマンガ

マンガをTSUTAYAであさっている。
レンタル屋は正直なもので、借りてもらえるものしか
おいていない。

だから、TSUTAYAにおいてあるマンガはだいたいにおいて
名作である。
と言うのが、私の持論。

ARMSは、まったく知らなかったが、もう一つの持論である
「10巻を越えるマンガは、やっぱり面白い」ということに
基づき借りた。

もともと絵柄で選ばない人であり、ストーリーonlyであるので
はまった。「何でもあり」なストーリーながら、もともと張って
あったらしい伏線にのり、あっというまに持って行かれた感じ。

久々の会心作に出会った。
posted by 灯台守 at 23:07| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]