2005年10月28日

銀の檻を溶かして 高里椎奈

メフィスト賞受賞作。

秋と座木とリベザルの三人(?)のミステリー。
ま、ヤングアダルトと電撃文庫系ファンタジーとミステリーが合体したような
作品。ある特定の層にはうけるかも・・・

で、主人公の3人組は実は妖怪である。で、話がこんがらがるのが
楽しい一冊であり、やっぱり「メフィスト賞」だと思ったりする。
posted by 灯台守 at 20:52| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]