2005年10月27日

モップの精は深夜に現れる 近藤史恵

ミステリー続きです。

さて、結局ミステリーは、謎を描くか人を描くかである。
出来れば両方を描くことに成功する方がよいのは当たりまえ。
それが出来た希有な傑作が、まま登場する。

近藤史恵という人は、なかなかヒットは飛ばさないが
いぶし銀の守備をする野球選手のような作家である。
この本も、なかなかうなった。

トリックよりも、話を支える人物描写がさえた一冊だった。
posted by 灯台守 at 21:45| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]