2005年10月26日

金田一耕助の新たな挑戦

金田一耕助といえば、横溝正史が生んだ明智小五郎と並び称される
言わずとしれた名探偵である。この本は、横溝氏が書いたものではなく
現代の作家が新しく書いたものである。

まあ、今ひとつだったが、ちょっとびっくりしたのは、「金田一耕助」と
いうのが登録商標になっていたこと。こりゃまたビックリ!!まあ登録商標のキッカケはアレですな。
パクリの多い、ミステリーファンには「危なくて読めない」と
酷評された「じっちゃんの名をかけて!」のマンガしか
ないような。
posted by 灯台守 at 22:27| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]