2005年10月10日

ドラゴンボール

ドラゴンボール

話のついでに、備忘録的に・・・

やっぱりすごい作品。出来るなら、最初にピッコロが倒されるところでいったん終結
できていたら、レベルの高い鳥山作品があと3つくらいは読めたのに・・・と思うのは
私だけ?

うちの2人の子に言わせると、「20年も前のマンガなのに古くないのがすごい」と
いう。(そういや、ブラックジャックなんて30年近いぞ!!)まあ、それだけ
鳥山さんのデッサン力というかキャラクタデザインが卓越しているんだけど。

数年前に初めて見せてそれから、半年に一度は読み返しているみたい。よくまあ、
飽きもせず・・・と感心するが、それだけ魅力的なのだろう。私的には後半は同じ
タネの手品を見せられているようで、それも途中で微妙にタネがすり替わっている
感があり、好きでは無いのだが・・・

最初のころの天下一武闘会の雰囲気が一番好きな、おじさんの意見でした。
posted by 灯台守 at 08:37| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]