2005年09月02日

はやみねかおる

今、我が家のこどもたちは「はやみねかおる」にはまっている。
きっかけは娘の方が友達から影響をうけた。

で、「とうさん、はやみねかおるって知ってる?」という問いかけから始まったのだ。
で、当然のごとく、一揃い ずらっと「夢水清志郎」が娘の前に並んだわけである。
(きっと日本中で同じことの出来るお父さんは3人くらい・・・)

当然のごとく、はまった娘は弟に自慢し、競争の様に読んで、本を読む順番でけんかも
して、ネタバレを言いそうになってお父さんに烈火のごとく怒られ、
(たぶんネタバレをしそうになって、あれほどおこられたこどもも日本中に3人くらい・・・)
今に至っている。

漢字がちっとも書けないうちの二人のこどもを虜にする作家。
う〜ん、はやみねかおる 恐るべし。
posted by 灯台守 at 21:28| Comment(1) |
この記事へのコメント
小三のむすめも、今、はやみねかおるというか、夢水さんにはまっています。うちの場合も、ともだちから。すでに『パスワードシリーズ』にはまっていたところ、そのキャラクターと夢水さんのほうが出てくる本(『いつも心に好奇心』だっけ?)を見せてもらったのをきっかけに、夢水さんにも興味を広げた様子。
 親孝行なむすめは、本は図書館で借りて読むものと心得ているので、今のところパスワードシリーズで買ったのは2冊だけ、夢水さんは借りてくるオンリーです。むすめが読む勢いで本が増えたら、我が家は破滅……
Posted by けい at 2005年09月05日 17:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]