2019年04月10日

エイリアン・テイスト ウェン・スペンサー

エイリアン・テイストウェン・スペンサー ハヤカワ文庫SF

ウェン・スペンサー処女作。森でオオカミと暮らしていたところを発見された少年は、何処から来たか・・・を横糸に、とある殺人事件を縦糸に追いかけていく話である。
設定も面白いし、伏線の張り方が非常に上手い。なにより、主人公ユカイアと探偵事務所のオーナー・マックス、FBI捜査官のインディゴ、二人の母親や妹との絡みは最高に楽しい。彼ら彼女らの繋がりがてを取るようにわかる。もちろん縦糸となるストーリーも面白いが、横糸となるユカイアと周辺の人々との交流が心温まる。そして最高の盛り上がりのラストはシリーズ化も納得の大団円!

いやはや、何故続編を翻訳出版しないのか謎である。
posted by 灯台守 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | SF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185841199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック