2018年12月02日

くるみ割り人形と秘密の王国

くるみ割り人形と秘密の王国は、 ラッセ・ハルストレム、ジョー・ジョンストン監督作品。主役のマッケンジー・フォイの兵隊姿が可愛い。

チャイコフスキーのバレエ音楽である「くるみ割り人形」を使ったファンタジー映画。母マリーが構築した異世界へ行き、救う話だがストーリー的には、可もなく不可もないという話だった。ただ、興行的には厳しいとのこと。なんか、普通のファンタジーだったからかも。

ただ、異世界への導き方は、かなり美しく惹かれるものがあった。違和感なく異世界に導かれるところが良かった。また、ちょっといい感じになる青年が黒人の俳優さんであったところも今的な感じがして、「やっぱりディズニーだねぇ」という所も押さえ感が半端なかった。

総論的には、「DVDで良いかな」というところ。
posted by 灯台守 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185113507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック