2018年10月20日

ドラゴンズ・ワイルド ロバート・アスプリン

ドラゴンズ・ワイルド ロバート・アスプリン (ハヤカワ文庫FT)

最初は気が付かなかったが、作者は「マジカルランド」シリーズで有名なロバート・アスプリン。惜しくも遺作となった一冊。

ニューオリンズを舞台に繰り広げられる明るいファンタジー。ドラゴン的な要素はちりばめられているが、本人の苦悩とか成長とは横に置いて、ストーリーを楽しむお話だろう。どっちかというと、アメリカンなファンタジーの王道といったところ。キャラクター的には妹のヴァレリーが良い。最後は続きがありそうなフリで終わる。なかなか面白いシリーズになっただろうに。残念ながら亡くなった。本人も無念だろうね。
posted by 灯台守 at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184780819
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック