2018年10月04日

魔術師ペンリック ロイス・マクマスター・ビジョルド

魔術師ペンリック (創元推理文庫)ロイス・マクマスター・ビジョルド (著), 鍛治 靖子 (翻訳)

五神教シリーズの最新刊。三本の中編。
・ペンリックと魔
・ペンリックと巫師
・ペンリックと狐

いつのまにかヒューゴー賞も受賞していたとは。今回の主人公は、ペンリックという名の若者。結構イケメンっぽい。いきなり取りついた「魔」との行動がお茶目で面白い。「チャリオンの影」とかの長編とは雰囲気が違って、別の世界を見せてくれる。ペンリックと「魔」のデズデモーナの掛け合いは、まるで夫婦漫才のようで引き込まれる。絶妙の3編。残りの未訳も邦訳されそうなので、期待して待とう。
posted by 灯台守 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184595364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック