2018年09月29日

その女アレックス ピエール・ルメートル

その女アレックス (文春文庫) ピエール・ルメートル
突然誘拐されたアレックス。誘拐したのは、前の彼氏の父親。どうも息子の行方を聞き出そうとしているらしい・・・ 檻に閉じ込められた彼女は奇抜な方法で脱出するが。
脱出した彼女は、なぜ警察に行かないのか謎が謎を呼び、警察は彼女を追う。そして驚愕のラストへ・・・

かなり評判になった一冊。かなり前に108円で購入していたが、読む機会がなかった。がついつい読み始めたら止まらない!! 誘拐されたアレックスが悲惨な状態に追い込まれ、そこから奇抜な手法で脱出する彼女だが・・・次々に展開する彼女を取り巻く状況、追跡する刑事たち、最終的に到達する結論を含めてミステリというよりも高度なサスペンスな一冊と言える。主役のアレックスに対する感情が一転二転三転する話だった。ただ、最後が気に入らない人もいるかもしれない。私は、かなり良いサスペンスと思った次第。
posted by 灯台守 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184552898
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック