2018年08月25日

黄昏の岸 暁の天(そら)〈上・下〉―十二国記

黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)
小野不由美

十数年ぶりの再読。泰麒のその後の話。李斎は景王陽子に会うため景へ駆け込む。いやぁ、やっぱりツライ話だ。再読しても思うことは変わらない。

泰麒の話は続く。しかし、よくもまあ、蓬莱生まれのメンバーだけ集まった話。この続きが、非常に楽しみともいえる展開で終了。ぜひ有終の美を飾ってほしい。
posted by 灯台守 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184270209
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック