2018年07月16日

書架の探偵 ジーン ウルフ

書架の探偵 ジーン ウルフ (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

人間の精神と肉体を完全にクローン化できる未来の話。図書館の書架に住まうE・A・スミスは、推理作家E・A・スミスの複生体(リクローン)である。生前のスミスの脳をスキャンし、作家の記憶や感情を備えた、図書館に収蔵されている『蔵書=蔵者』なのだ。そのスミスのもとを、コレット・コールドブルックと名乗る令嬢が訪れる。父に続いて兄を亡くした彼女は、死の直前、兄にスミスの著作『火星殺人事件』を手渡されたことから、この本が兄の死の鍵を握っていると考え、スミスを借りだしたのだった。本に込められた謎とは? スミスは推理作家としての知識と記憶を頼りに、事件の調査を始める・・・

設定で50%は勝利していると思ってしまう、SF作品。設定はSFだが、中身はミステリーになっている所が、素晴らしい。魅力的な混乱と不幸に襲われたヒロインと、才能に恵まれた探偵の登場という形式はミステリーの鉄板だが、それが書架に収められた作家でリクローンであるという設定が魅力を倍増させる。そして謎が謎を生む中、スミスの知人や元妻のリクローンも現れ、ストーリーを盛り上げる。これがまた、物語の魅力をさらに深めている。

この本は、著者の最新作との話だが、すでに80歳を超えているとのこと。なかなか素晴らしい。解説にあるように、作中の人物も懐かしい名前をリスペクトしている感もあって、二度おいしい本である。
posted by 灯台守 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | SF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183908771
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック