2018年04月26日

犬は勘定に入れません ―あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎 コニー・ウィリス

犬は勘定に入れません ―あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎 コニー・ウィリス 早川書房

思いっきり安かったので、文庫ではなく単行本で購入した。もちろんAmazon中古本ですが、状態も良く、帯付きでお買い得感があった。

タイムマシンが発明された21世紀。オックスフォードの史学科の学生、ネッド・ヘンリーは1888年へ行きコヴェントリー大聖堂にある主教の鳥株(ビショップズ・スタンプ)と呼ばれるヴィクトリア朝の花瓶を調べることになる。しかし、過去から持ち込めないはずの猫の謎や、到達した地点でのドタバタ騒ぎで、時空の矛盾を発生させないための奮闘が始まる・・・。

第二次世界大戦中の空襲から始まったかと思うと、ヴィクトリア朝のテームズ川のボート旅に話は移って、ヴィクトリア朝時代の中産階級の生活描写が続く。あちこちにユーモアたっぷりな描写が続き、コミカルでウィットにとんだ文章はページをめくる手も進む。しかし、ネッドは寝不足に襲われ、歴史上の矛盾点は解消しようとすればするほど、話は複雑になっていく。

最大の焦点は、ミステリファンなら、まずは推測が付くかな・・・という感じ。でも、その周辺に貼られた伏線は見事としか言いようが無い。最終100ページの展開はもう止まらない。あっと思うところに伏線が張ってあり、単純な話と思っていた裏側には想像していないモノがあって素晴らしい。

タイムトラベルものの定番と思いきや、思った以上のバリエーションに発展するストーリーは、さすが多数の賞に輝く作品といえるだろう。

posted by 灯台守 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | SF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183087377
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック