2018年02月02日

屍人荘の殺人 今村昌弘

本屋大賞候補作、候補作の中では3冊目。(2冊は既読)

屍人荘の殺人 今村昌弘 東京創元社
第27回鮎川哲也賞受賞作。選評はなかなか素晴らしい。実績もこれまた素晴らしい。
『このミステリーがすごい!2018年版』第1位
『週刊文春』ミステリーベスト第1位
『2018本格ミステリ・ベスト10』第1位

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねる。そこは、想像を絶する体験の場所だった・・・

「クローズド・サークル」つまり「吹雪の山荘」と驚愕の密室&奇想天外の殺人方法が登場する作品。出だしの学園ミステリサークルの雰囲気に惑わされてはいけない。そこから怒涛の攻めが始まる。たぶん、これまでこんな作品を作ろうと思ったミステリ作家はいなかったということははっきりしている。

今までのミステリファンの方がビックリ度は高いと思うが、満足度ははて?

posted by 灯台守 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182308509
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック